このブログでいうブログ更新術とは、 iPhoneやiPadから簡単にブログを更新できるというだけではありません。 iPhone、iPad、アプリを使って、ブログをより表現豊かにすることも含んでいます。

2013年03月17日

複数の画像リサイズを一括でできる無料アプリ

[リサイズ] ブログ村キーワード

複数の画像を一括でリサイズできる無料アプリを見つけたので紹介します。

こちら。

マルチリサイズ 1.3(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Shougayugokugoku - TETSUYA YAMANE(サイズ: 0.6 MB)
全てのバージョンの評価: (10件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


iPhone、iPad、iPad mini、どのデバイスでも使えます。


長辺の長さを指定して

リサイズしたい画像を複数選択するだけでOK。

リサイズされた画像はカメラロールに保存されます。


ブログ用にアップロードする写真はもちろん、

携帯にメールで画像添付するときにも使える良アプリです。



サイズの確認はこちらのEXIF表示アプリで。

PhotosEXIF 1.4.8(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: KIM, SUNYOUNG - Kim SUNYOUNG(サイズ: 0.2 MB)
全てのバージョンの評価: (168件の評価)



iPadに対応したユニバーサルアプリではありませんが、

iPad、iPad miniでも、このアプリで確認できます。


◆画像リサイズアプリのまとめ

現時点での写真リサイズ関連をまとめてみます。

・iPhone、iPadだけで複数の画像をリサイズしたい → マルチリサイズ、(有料ならばReduce)
・iPhone、iPadだけで一枚の画像をリサイズしたい → Simple Resize、他(ここはたくさんある)
・クラウドに送りつつ複数の画像をリサイズしたい → PictShare(有料)
・無料ブログに画像を送りたい → ほとんどのブログ会社の専用アプリでできる


それぞれのアプリはこちら→画像リサイズアプリの一覧

マルチリサイズがあることで画像の一括リサイズも無料でできますね。


◆そもそも撮る段階で小さくする

リサイズ関連のアプリは色々とそろいましたが、

ブログ用の写真の場合、

そもそも撮る段階で小さい写真を撮る、という方法もあります。

OneCam(静音, 連写, ジオタグ) 4.2.3(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Walker Software - masahiro seto(サイズ: 5.1 MB)
全てのバージョンの評価: (946件の評価)



設定できるサイズはこちら。
20130317232133.jpg
(iPod touch5です)

私のブログでは、この大きさでも大きすぎるので

やはりリサイズは行います。



それでも、ブログ用の写真ははじめからこの大きさで撮ることによって、

・iPhone内にたまる写真の容量

・フォトストリームにかかる時間

・画像編集アプリで開いた時のメモリ使用量

などが節約できます。



また静音(というか無音)が設定できるので、

通常のカメラよりは気軽に写真を撮ることができるようになります。




posted by ippblog at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 リサイズ アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhoneで画像の切り取りを行う方法

iPhone、iPadで画像の切り取りを行う方法

iPhoneで撮った写真の切り取りを行う時、

簡単に切り抜くだけなら

実はアプリを使わなくてもできます。

(現バージョンiOS6.2)

もちろんiPadでもできます。

◆iPhoneで画像の切り取りを行うには?

まずは標準のカメラロールに行き、

切り抜きをしたい画像を選択。

次に右上の「編集」をタップします。


すると、下のバーにメニューが現れます。

20130317000603.jpg

それぞれ左から、

・回転
・自動補正
・赤目修正
・切り取り


です。


ここで、一番右の切り取りをタップすると

切り取り範囲の選択ができます。

20130317000638.jpg

四隅をタップしながらスライドすることで範囲を決められます。

下のバーの「縦横比の変更」をタップすると、

アスペクト比を選ぶこともできます。

20130317000655.jpg

注意点としては、

ここで切り取りして保存したものは、

元の写真に上書きされてしまうので

元の画像をとっておきたい場合は気をつけましょう。
posted by ippblog at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 画像加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

Assistive Touchの使い方

今回はiPhone、iPad両方で使える小技について。

◆AssistiveTouchとは?

AssistiveTouchは、ホームボタンが効かなくなった時などに便利な機能です。

設定すると、ホーム画面に半透明のボタンが現れ、

それをタッチすることで通常iPhoneについているボタンで

操作することがスクリーン上でできるようになります。

20130315222222.jpg

このいつでも表示されるボタンを押すことでさまざまなアクションを行います。

(ボタンは画面の端ならばどこにでも移動可能)

具体的に言うと、

・ホームボタン機能
・Siriを呼び出す
・画面ロック
・画面回転
・音量の上げ下げ
・スクリーンショット
・マルチタスクを呼び出す
・シェイク機能


といった機能です。

ボタンを押すと出てくるメニューは、

3階層に分かれています。

20130315222045.jpg 20130315222129.jpg 20130315222134.jpg

ボタンが効かなくなったなどの時に使うものですが、

これによってiPhoneやiPadの操作を効率よくできるのではないか?という話です。

ちなみに、私は、何度か試しましたがどうも馴染まなかったので今は使っていません。

ただ、人によってはこの「Assistive Touch」が合う人もいるかもしれないので

設定方法を紹介します。


◆Assistive Touchを設定するには?

まずiPhone、iPadの設定の項目をタップします。
20130312180053.jpg

次に一般の項目。

20130312174914.jpg

アクセシビリティ、Assistive Touch、と進みます。
20130315222016.jpg 20130315222025.jpg

それをオンにすればOKです。

20130315222037.jpg


ピンチやジェスチャなども設定できるのですが、

もしAssistive Touchが合うようでしたら試してみてください。



ラベル:小技 iPAD iPhone
posted by ippblog at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneの小技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
iPhone、iPad アプリによるブログ更新術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。